気になるニュース52週

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ダルビッシュ】ねえ、お金ちょうだい、って手を差し出す

<<   作成日時 : 2011/09/11 03:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本ハムファイターズは、試合に勝つたびに30万円のお小遣いがでるようだ。
ダルビッシュの生活は質素で、5億円といわれる年俸に手をつけなくても、
そのお小遣いだけでせいかつができるそうで・・・・

ダルビッシュの生活が質素すぎるのか、それともお小遣いの額が多すぎるのか。

でも、トレーニング費用にはしっかりとお金をかける。
だからこそ、毎年結果をのこせるんでしょうね。



ダルビッシュ 見上げた金銭感覚と私生活

<クラブやキャバクラは嫌い>

「ねえ、賞金、ちょうだい?」
 日本ハムのダルビッシュがあるとき、裏方さんにこう言って手を差し出したという。さるマスコミ関係者の目撃談だ。
「賞金」というのは、報奨金のこと。日ハムでは勝ち試合につき、約30万円の報奨金が出ているとか。活躍に応じて選手たちに分配、15試合ごとに精算される。
 その日はおそらく、封筒に入った現金が手渡される日だったのだろう。ダルビッシュはいつも封筒を配る裏方さんに、自分の分をくれと催促したようなのだ。
 今季の年俸は日本球界最高の5億円。プロ野球選手で最も稼いでいる男が、「生活費は報奨金で賄える」(前出のマスコミ関係者)という。年俸に手を付ける必要がないというのだ。
 かつてクラブやキャバクラで羽を伸ばしていると報じられたが、そういった場所に足を運んだとしてもあくまでも付き合いとか。ダルビッシュ自身はホステス相手の夜遊びやスナックでのカラオケには目もくれないらしい。

<免許持たず移動はタクシー>

 生活費としてかかるのは主に食事とタクシー代とか。ダルビッシュは車の運転免許を持っていない。ツイッターで以前、「自分は一切、車に興味がありません。むしろ免許持ってません」とつぶやいたことがある。かつては女房の運転するベンツで札幌ドームに来ていたが、離婚調停中の現在、移動手段はもっぱらタクシー。羽田から合宿所のある鎌ケ谷までは2万円くらいかかる。
 プロ野球選手は体が資本。車を運転すれば余計な神経も使うし、事故にも気を付けなければならない。煩わしさを避ける目的もあって「興味がない」のだろう。
 例えば年俸更改でも代理人があれこれ言うことはあっても、本人が金額でゴネたケースは過去に一度もないという。
 カネに淡泊というか金銭感覚は地味に映る一方で、トレーニングの費用や社会貢献には出し惜しみしない。東日本大震災では「野球をやってる場合じゃない」と、プロ野球界ではいち早く5000万円を寄付。オフだけでなくシーズン中もあちこちのジムで汗を流すなど、体への投資を欠かさない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110910-00000003-nkgendai-spo





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ダルビッシュ】ねえ、お金ちょうだい、って手を差し出す 気になるニュース52週/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる