気になるニュース52週

アクセスカウンタ

zoom RSS 【中国】中国は日本に学ぶべき?!できれば学んでほしくはないのだが・・

<<   作成日時 : 2011/09/24 14:06   >>

トラックバック 0 / コメント 0

【中国】中国は日本に学ぶべき?!できれば学んでほしくはないのだが・・


人情味豊かで誠実な人がいい人か・・・

中国はやはり日本に学ぶべき―エズラ・ヴォーゲル氏

日本に世界の文化人などがもっと移り住んでくるような状況になればいいなあ。
中国人にばかり優遇政策を行わないで、
しっかりとした品格を持った人間を受け入れる政策を政府にはとってもらいたいものだ。

今の日本はあまりにも目先の利益しか考えていない。
だからこそ、いまの混沌とした世の中になっているのだと思うが。



2011年9月15日、日本や中国の研究で知られる米国の社会学者、エズラ・ヴォーゲル氏は「中国はやはり日本に学ぶべき」との見解を示した。環球時報が伝えた。以下はその内容。

日本の家庭状況を調査する目的で、私は1958年に日本へ渡った。当時の日本はまだ貧しく、冷蔵庫やテレビを所有する一般家庭などなかった。調査のために私が接触した日本人は、裕福ではないが人情味豊かで誠実な人ばかり。彼らとは50年以上たった現在でも交流が続いているほどだ。

私の著書「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は世界中で大きな反響を呼んだが、「日本経済が世界で最強最大だ」という趣旨で書いた本ではない。日本経済の驚異的な成長の理由を米国人に伝えるため、日本が米国よりも優れている点を列挙したものだ。同書で指摘した日本国民の生活、教育、知識、資質のレベルは今もなお高い。さらに節約精神は米国よりも強く、米国人のような過度の消費志向はない。日本経済は現在も低迷を続けているが、成功を収めている企業は依然として数多く、世界一の産業分野も多々ある。公平で調和のとれた社会も、昔ほどではないにしても米国より上だ。

日本を追い越し国内総生産(GDP)世界2位の経済大国となった中国だが、日本が高度成長時代に見せた「米国より優れているところ」を積極的に学ぶべきであり、決して「米国の悪いところ」を学ばぬよう心してほしい。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110917-00000007-rcdc-cn





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【中国】中国は日本に学ぶべき?!できれば学んでほしくはないのだが・・ 気になるニュース52週/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる